SONY α900 DSLR-A900



 α550で使用できるタムロンの10-24mmズームを中古で見つけたので、中野の中古屋へ足を運んだが、残念ながら朝の時点ではあったのに10時半頃だろうか?到着した時には既に無くなっていた。
 ふと横に目をやると「委託品」と書かれたα900が置かれている・・・お値段は何とヤフオク価格よりも確実に安い値段で驚き特価だった。出品者はお店への売却価格よりも高く設定はしていたが、ヤフオク価格を知らないのか、そのまま転売しても十分利益が上がる値段だったので思わず購入してしまった。
 135mmのSTFレンズを使用していると、α550では写る範囲が狭いので近寄る事が出来ずに下がってしまうから被写界深度が深くなってしまいSTFの意味が半減してしまう、かと言ってα-7でスナップを撮る気にはなれないので、やはりデジがよろしいとなると、このα900しかない。ファインダーはAFカメラとしては超逸品でMFできる良いファインダーをそろえているから安心だ。
 と言う事で、とうとうフルサイズデジを買ってしまった・・・でも中古は安くていいですね!今後はもっと下がるのでしょうけど・・・

2011/1/27追記
 デジで縦横それぞれ建てたい時には、サブのα550を使用していたが、花火撮影では決定的に欠点となる「レリーズラグが大きい」「ファインダーが暗い」の2点がどうしても使いにくく、この際やはり2台体制はα900を2台にしようと決めていた。
 中古で激安にて入手した1台目は、スクリーンを交換する際に気がついたがファインダーにどうも傷と言うか強い汚れがあり、修理に出したかった。さらには初めての冬の撮影ではエンコーダーの動きがおかしくなったので、2台体制にする夏よりも前に1台入手すれば修理に出していても1台は残るので、それまでには購入しようと思っていた。
 すると某ショップで20台限定特価というのがあり、ちょうど1月はヤフオクでいろいろ処分したら10万以上の売り上げがあったので、限定という言葉に負けて購入してしまった。
 1台目を修理に出すと修理期間の予想は3週間以上は見て欲しいと言われた。ならば2台目をゲットしておいて良かったと思う。修理代が怖いところだが、エンコーダーは致命的なので修理は出さざるを得ないだろう。それにしてもやはり新品は肌触りが良い。

2013/1/6追記
 年末も押し迫った頃に、広島の知り合いから「このヤフオクで出ているα900どうですかね?」とこの電話から事は始まった。
 α900が生産終了してしばらく経過した今は、なぜか中古が多数流れているようだ。これもD800などの値段がこなれてきたからだろうか?
 結局知り合いはそのヤフオクをゲットしたのだが、知り合いで二人ほどα900が壊れていると言う話を聞いている。壊れたのはセンサの手ぶれ補正機能のようで、電源ON時にごみ取りを兼ねて手ぶれ補正が動くのだが、そこで動かずにエラーするそうだ。いつかは自分の入手した1台目の中古は壊れるだろうと思い、その時の代替えと将来の予備を考えて、程度の良いα900をもう一台探してみようと言う気になってしまった。
 できれば最後に買ったシリアルの1桁目が「3」で始まる最終モデルにしたかったが、意外とシリアル3で始まる方が綺麗な物は見当たらないものだ。仕方なくエンコーダのスレを確認し、一番回してい無さそうな物を、いつも行く中野の中古店でゲットした。まあ値段はどれもほとんど同じ感じなので、少しでもショット数が少なさそうな物をゲットできて良かったかと思う。自宅に戻り新品購入と見比べると…ありゃ、今回の中古の方が使用感が少ない(笑)と言う事で、我が家で一番安く買えたものが、一番綺麗な状態なのは笑えた。
 レンズもずっぽりハマって揃えてしまったので、もうα900と心中せざるを得ないだろう。
 D800Eに切り替えたいところだが…135STFが、100SOFTが、500REFが、Zeissが…

2015/10/14追記
 αマウントの将来性が無い事も有り、Nikonを導入しとうとう2台目まで入れてしまったので、α900の出番となると、予想していた通りSTFあるいはソフトフォーカス、500REF、135Zくらいで通常レンズでの使用頻度がめっきり無くなったのに伴い、1台売却して2台体制に縮小した。
 合わせて単焦点もNikonであるようなレンズは売却し規模縮小を開始した。
 最後は本体1台の100SOFT/135STF/135Z/500REFだけになっているかもしれない…


1台目 72,723枚撮影で売却