Mamiya SEKOR C 45mm F2.8N



 
最初お店で本体購入時にあったのですが、35,55,80と買ったので10mmごとにそろえる必要はないだろうと思い最初は控えていましたが、見るからにしっかりとしたレンズで、35mmになんとなく疑問を持っているため、ここは一つ下げた45mmも揃えたいと思い、一気に2本入手しました。画角は別にすると35mmよりも写りは素晴らしく、35mmの平面的と違ってかなり立体的な写りです。しかし重さが重く2本も持参するのは非常にコクな気がしますが、写りを見ると出来るだけこちらのレンズで撮影しておきたいというのが本音でしょうか?645の広角レンズとしてはナンバーワンのレンズではないかと個人的には思います。

2008/9/21追記
その後、会社の友人が同様に花火撮影用に645Pro購入したので、1本売却しました。(2008/7)
しかし、その後にステレオ写真を始めることになり、結局また入手してまたもや2本体制になりました。
花火だけなら50mmシフトが焦点距離が近いし、あまり45mmを2本で撮影と言うのはあまりないのでいらないのですけどね…
でも、場合によっては本体が3台と三脚も3本あるので、例えば常総のラストのように長いプログラムの場合はフイルム入れ替え時間が無い時には45mmを2台にして、フイルム終了したらもう1台設置してある方へ切り替えと言うのも手段かと考えています。
1年間撮影してきて、やはり広角ではこのレンズが一番よろしいかと思います。写りも立体的ですしディストーションも少ないし、なんとか35mmは使わずに45mmで撮影できるのが一番結果は良い気がします。

2013/12/25追記
 使用頻度が下がったので1本売却。

作例
  選別中 選別中